FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高岡醸造 ルリカケス ラム

rurikakesu.jpg
今回はラムの紹介になります。



こちらの「ルリカケス ラム」は、国産のラム酒です。



最近、ナイン・リーブスなどの国産ラムが注目されていますよね。



こちらのルリカケスは、国産ラムの草分け的存在なんです。



鹿児島県奄美群島に属する徳之島という島で、ルリカケスは作られています。



醸造元の高岡醸造さんは、黒糖焼酎の醸造元ですね。



独自のブランドは持っておらず、他の蔵と共同で黒糖焼酎「奄美」を作っていらっしゃいます。



その一方で1979年から、国産初のラム酒を作っており、それがこのルリカケスなんです。



さて、黒糖焼酎もラムもサトウキビを用いて作ることができますが、どう違うのか。



それは「酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律施行規則」における定義によります。



日本において「本格焼酎」を名乗るためには細かい基準を満たす必要があります。



黒糖焼酎というジャンルは存在していますが、それを名乗るためには、政令で定められた砂糖、米麹、水によって作らなければならないのです。



ラム酒は糖蜜を醗酵させて蒸留したもの。



原料は、その全量が糖蜜、すなわち砂糖なんですね。



つまり、米麹を使っていないために焼酎という分類には当てはまりません。



そのため、スピリッツとして販売されています。



さて、このルリカケス。



これまでロン・サカパ・センテナリオ23などを紹介しましたが、ロンサカパはダークラム。



ルリカケスはゴールドラムと言うべきだと思います。



大雑把に言うと、ダークラムは樽で長期間熟成されたもの。



ゴールドラムは短期間熟成されたもの。



そしてホワイトラムは熟成したものを活性炭濾過したものです。



ロン・サカパ・センテナリオ23の回でソレラシステムについて解説しましたが、



簡単に言えば熟成がながければ長いほど色が濃くなる傾向にあります。



さて、ルリカケスの液色は薄いゴールド。



透明感がある蜂蜜色です。



香りはやや荒削りでしょうか。



多少角のあるアルコールの香りを感じます。



その一方で心地よい木樽の香り。



強烈にラムを感じさせるような香りではないですね。



口当たりは若干アルコールの刺激があります。



これは40度をストレートでテイスティングしているので、幾分仕方ありませんが。



舌の上で転がすと、控えめな甘さがジワジワと膨らんできます。



ダークラムでよくあるような濃密で爆発的な甘さはありません。



謙虚で、控えめな甘さですね。



そして一番驚いたのは香り。



サトウキビの香りが、しっかりと感じられます。



ヘビーなラムになるとサトウキビというよりも、チョコレートやチェリーのような風味になりがちです。



しかし、これはサトウキビがハッキリ感じられます。



飲み下す際の抵抗はあまりなく、サトウキビの心地良い香りが余韻として残ります。



全体的にドライですが、控えめな甘さの中にサトウキビを感じさせる、そんな面白さがあります。



40度あるのですが、私としては、そこまで度数を感じさせなかったように思います。



ラム好きの方には、是非一度試していただきたいですね。



【お酒データ】
名称:ルリカケス ラム 40
種別:スピリッツ(ラム)
原産地:鹿児島県大島郡徳之島町亀津
生産者:高岡醸造株式会社
度数:40%

山忠本家酒造 義侠 南砺五百万石 純米生原酒

gikyo2.jpg
こんにちは。



今回は日本酒です。



先日の亀泉と一緒に買いました。



愛知県、山忠本家酒造さんの義侠になります。



しかも、富山県の南砺五百万石100%。



そして生原酒。



この響きだけで最高ですね。



富山県なんと農協の意欲的な姿勢に共感し、応援の意味もこめて造ったそうです。



それにしてもこのラベル。



本当にカッコイイですよね。



私の最も好きなラベルのひとつです。



実はこのお酒、買ってきた段階ではこんな感じ。



gikyo1.jpg
新聞紙に包まれています。



光を当てないためでしょうか。



こういう感じ、とても好きです。



義侠は以前にも山田錦の純米原酒を飲んだことがあります。



どこかパイナップルを感じさせるような、爽やかでフルーティな香りに圧倒されたものです。



さて、この南砺五百万石はどうでしょうか。



開栓しようとすると、なかなか開かない…。



思いっきり引っ張ると、「プシュウウウウ!」と音を立てて開きました。



まるで炭酸飲料のよう。



上立ち香は、やはり爽やかで繊細。



フルーティな吟醸香ですが、よく言われるメロンやリンゴ様の香りではないんです。



もっとトロピカルな感じ。



私が感じたのはバナナ。



バナナのような優しい甘い香りです。



他の日本酒でも同じではありますが、米と水だけでこんな香りが出せるのかと本当に感嘆してしまいます。



これが日本酒の面白いところなんですよね。



さて、口当たりは若干ピリッとした生酒特有のフレッシュ感。



その後に甘味がフワッと舌を包み込みます。



そして少し遅れてサッパリとしたフルーツ様の優しい酸味。



舌の上で転がすと、甘味が抑えられつつ、程よく酸味が広がります。



甘味と酸味が上手くバランスされていて、本当にフルーツジュースのよう。



飲み下すと、パイナップル、パッションフルーツ、マンゴスチン…。



爽やかでトロピカルな酸味の余韻。



全体を通してアルコールのクドさは皆無。



爽やかな飲み口です。



一般には淡麗で辛口な酒になるのでしょうか。



しかし、何と言っても酸味が良い。



決して酸っぱすぎず、甘味がしっかりと下支えをしている。



甘味をベースに置きつつ、酸味が伸びる感じでしょうか。



だから全体を通して鬱陶しく感じさせる部分がない。



飲んだ時の温度は7〜8℃くらいでしょうか。



まだ試してはいませんが、この爽やかさを考えると燗よりも、常温〜冷えでいただくのがよろしいかと。



義侠は日本酒初心者には難しいと言われることもありますが、



私は是非オススメしたいと思います。



初めて飲んだ時に一目惚れしたお酒、義侠。



今回もまた惚れ直してしまいました。



【お酒データ】
名称:義侠 南砺五百万石 純米生原酒
種別:日本酒
原産地:愛知県愛西市日置町
生産者:山忠本家酒造株式会社
原材料:米、米こうじ
精米歩合:60%
度数:16%以上17%未満

鹿児島酒造 にごり酒 芋

nigoriimo.jpg
今回は焼酎になります。



相変わらず芋です。



芋臭いのが好きなので、その傾向で探していたところに、



無濾過という文字。



即決でした。



ちなみに鹿児島酒造さんは、焼芋焼酎の生みの親、



現代の名工にも選ばれた黒瀬安光さんが総杜氏を務めていらっしゃることで有名ですよね。



さて、無濾過について。



焼酎は、蒸留してすぐですと醸造段階で発生したフーゼル油が多く含まれます。



一般的に、このフーゼル油が多いと、油が酸化しやすいこともあって、



焼酎の風味を損なうことに繋がるため、フィルターを通して濾過する行程があるのです。



しかし、このフーゼル油を適度に残すと、出来上がった焼酎が味わい深くなると言われています。



そこで、表面に浮いた油を掬い取り、濾過をしない焼酎が売られるようになりました。



これが無濾過焼酎です。



無濾過の濁りということで期待ができるこのお酒。



瓶を開封すると、ガスの抜ける音とともに、あまり良いとは言えない芳香が。



芋焼酎に慣れていない人には、抵抗があるであろう香りが立ちます。



しかし、その後、フルーティな甘い芋の香りが。



これは焼酎好きとして期待せずには居れません。



コップに注ぐと、表面に油が浮いているのが確認できます。



これぞ無濾過の醍醐味です。



香りはあまり強くありません。



微かな麹の香りと、芋の香り。



そして若干、アルコール臭があるでしょうか。



まずはストレートで。



口当たりはスムース。



徐々に甘味が顔を出します。



しかし、甘味もそこまで強くない気がします。



飲み下すとキレ良く、微かに芋の甘い香りが余韻として残ります。



全体として、辛くストイックな印象でしょうか。



続いてロックを試してみましょう。



ロックにすると、香りが収まり、より芋の味が前に出た印象です。



アルコール臭が収まった一方、後味に若干のエグみが。



続いてお湯割りです。



お湯で割ると、芋の香りより、アルコール臭が前に出た印象。



口当たりとしては、芋の甘味が増したように感じます。



後味のエグみも少なく、味わいは全体的にまろやか。



アルコール臭も、お湯で割ってしばらく馴染ませると気になりません。



私としてはお湯割りが最も飲みやすいと思いました。



全体として個性の強い焼酎だと思います。



おそらく、麹米にタイ米を使っていることで、独特のクセがあるのだと思います。



芋焼酎を極めにかかっている方向けの焼酎でしょうかね。



【お酒データ】
名称:にごり酒 芋
種別:焼酎(芋)
原産地:鹿児島県阿久根市栄町
生産者:株式会社鹿児島酒造 阿久根工場
原材料:甘藷、米麹(タイ産米)
度数:25%

亀泉酒造 亀泉 純米吟醸原酒 生酒

kameizumi.jpg
こんにちは。



久しぶりに日本酒を買いましたので、感想など書いておきたいと思います。



こちら、高知の亀泉というお酒。



生原酒という文字に惹かれて買ってしまいました。



普通、日本酒は醸造して出来上がったモノに加水して、度数を調整した上で瓶詰をします。



原酒というのは、それをしていないということ。



また、火入れと呼ばれる加熱処理を行い、それ以上醗酵が進まないように、



酵母の活性を止めるという作業が為されることがあります。



生酒というのは、この加熱処理をしていないということ。



つまり、酵母はまだ活性を保っているんです。



酒が生きてるなんて言い方をすることも。



さて、何より注目すべきは、このラベル。



この無骨でいながら情報量の多いラベル。



なんとも味があると思いませんでしょうか。



こういうラベルのお酒には、ついつい手が伸びてしまいます。



さて、亀泉酒造さんが造る亀泉ですが、原料米は広島産の八反錦だそうです。



また、酵母は高知県工業技術センターのCEL-24という酵母を使っているとか。



静岡酵母なんかもそうですが、最近はご当地酵母と言うのか、



その土地々々の酵母を活かそうという動きがありますよね。



さて、ラベル情報を見ると、度数は14.0度と、日本酒にしては普通から若干低い部類。



そして何よりも驚きなのが、日本酒度です。



-13とあります。



-1.3ではなくて-13なんですよね。



この日本酒度、酒中の糖質の量を表しています。



一概には言えないのですが、ザックリ言うと辛さの目安になります。



プラスに寄れば寄るほど辛くてサッパリ、マイナスに寄れば寄るほど甘くてほんわか。



ただし、味わいには酸やアミノ酸の量も影響しますので、



必ずしも日本酒度が高ければ辛くて、日本酒度が低ければ甘いというわけではないのでご注意を。



ちなみに、私は辛い酒が好きですので、普段好んで飲む日本酒は日本酒度が+5とかですね。



一方、こちらの亀泉は-13。



つまり、かなりの甘口ってことですね。



ここまでマイナスに振れたお酒は初めてです。



亀泉酒造さんのwebサイトによれば、甘口なので常温はオススメしないとのこと。



モッタリしちゃうようですね。



キンキンに冷やすか、あるいはロックで、とのことです。



私は冷蔵庫でバッチリ冷やしました。



概ね5〜6℃くらいでしょうか。



前置きが長くなりましたが、味わってみましょう。



キャップを捻った瞬間に甘い香りが弾けます。



これはかなり期待できそう。



香りの傾向としては、最初は甘いメロン様の瓜の香りですが、私は青りんごのようなサッパリした香りを感じます。



それにしても、かなりしっかりとした吟醸香で、唾液を誘いますね。



口に含むと、生酒特有のフレッシュなピリピリ感を微かに舌先に感じます。



あとはひたすらに優しい甘さがフワーッと広がります。



しかし、ビックリなのがこの甘さ。



決してしつこくないんです。



程よく酸味が効いていて甘酸っぱい。



ハッキリ申し上げて、これはジュースですよ(めっちゃ褒めてます!)



リンゴか何かのフルーツジュースを飲んでいるかのような錯覚。



飲み下すと一切の抵抗なくスルッと落ちる。



微かな酸味と甘味の余韻が心地よい。



最初から最後まで、酒を飲んでいるという印象が全くありません。



ここまで美味しい甘口の日本酒は初めてですね。



これは私にとってはアブナイお酒。



ついつい飲み過ぎてしまいます。



亀泉酒造さんのwebサイトでは常温をオススメしていなかったのですが、



試しに、室温でしばらく放置してみました。



確かに温度が上がるにつれ、甘さが勝ってしまいます。



モッタリとしたしんどい印象を受けてしまいますね。



しかし、冷えでは驚きの飲み口。



日本酒は初めてという方には、かなりの自信を持ってオススメできると思います。




【お酒データ】
名称:亀泉 純米吟醸原酒 生酒
種別:日本酒
原産地:高知県土佐市出間
生産者:亀泉酒造株式会社
原材料:米、米麹
酵母:CEL-24(高知工業技術センター)
精米歩合:50%
度数:14%

万膳酒造 萬膳庵

manzenan.jpg
お久しぶりです。



私生活の方でバタバタしており、更新が止まっておりました。



遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。



2015年最初のお酒はこちら。



芋焼酎の萬膳庵です。



言わずと知れた万膳酒造さんの人気銘柄ですね。



代表酒・萬膳はNK黒麹であるのに対し、萬膳庵は黄麹焼酎です。



黄麹とは、一般的に日本酒の醸造に使われる麹菌。



近年になって、黄麹を焼酎造りに活かす動きが見られるようになったわけです。



例えば有名焼酎の代表として君臨する魔王なんかも黄麹で醸しているようです。



さて、その萬膳庵ですが、上立ち香は微かに日本酒を感じさせるような上品な香り。



芋らしい甘い香りもあり、麹の香ばしい香りもあり。



しかし、白麹のようにフルーティーでもなく、黒麹のように力強い芋の香りでもない。



比較的穏やかな香りです。



口当たりは萬膳と同じく非常にスムース。



徐々に芋の甘味が膨らみます。



しかし、萬膳ほど甘さは強くありません。



上品で程よい甘さ。



そして、その影に微かな辛味があるでしょうか。



飲み下すと、この辛味が立ってキリッとしています。



そして程よい甘い余韻と麹の香り。



全体的にクール、クレヴァー。



キリッとまとまった焼酎だと思います。



続いて、お湯割りにしてみると、甘い香りが広がります。



しかし、飲み口は辛味が立ち、苦味を微かに感じました。



個人的にはお湯割りよりストレートの方が好きです。



また、ロックにしてみると、香りはあまり立ちません。



口当たりはアレッと感じるほど味がない。



徐々に味が出てくるのですが、やはり辛味と苦味が前に出ている感じが。



さらに、ストレートやお湯割りでは感じられなかったアルコール感があります。



個人的に最も好きなのはストレートでした。



全体的に辛口の焼酎といった印象。



私としては萬膳の方が好みかな〜といったところです。



【お酒データ】
名称:萬膳庵
種別:焼酎(芋)
原産地:鹿児島県霧島市永水
生産者:有限会社万膳酒造
原材料:さつまいも(黄金千貫/鹿児島・大脇義隆氏)、麹菌(秋田今野・吟香黄麹)、米(ひとめぼれ/秋田県三種町・工藤司氏)、仕込水(霧島裂罅水超軟水)
度数:25%
プロフィール

ミチェリアス

Author:ミチェリアス
お酒が好きです。
何でも飲みます。
サークル強い気持ち。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。