FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タリスカー10年

talisker.jpg
久々の更新です。



長い長いラム漬けの日々を抜けて。



今回はスコッチウイスキーを。



言わずと知れたアイランズの名門、タリスカーのスタンダード10年です。



以前友人宅で飲ませてもらったのが印象的だったので、買ってみました。



スコッチは蒸溜所の場所によって分類されることがしばしば。



タリスカーを作るタリスカー蒸溜所は、スコットランド北部の島嶼部、スカイ島西岸のロッホ・ハーポートにあります。



そのため、アイランズウイスキーというわけです。



アイラ島のウイスキーだけはアイラウイスキーなんですが。



このアイランズという分類には6つの蒸溜所が含まれますが、それらの共通点は地理的なことだけ。



島嶼に蒸溜所がある、というそれだけです。



意外と、この辺の分類は雑ですね…。



ちなみに、スカイ島にある蒸溜所はタリスカー蒸溜所のみです。



さて、本題に入りましょう。



このタリスカー10年、液色は美しいアンバー。



滑らかさを感じさせるような、濃密で吸い込まれそうな琥珀色です。



香りは、まずスモーキーなピート臭が立ちます。



ピートと聞くと、どうしてもアイラのイメージが先行しますが、そこまでではありません。



しかし、確かにピートの存在感がまず前面に押し出されます。



その裏でモルトの甘く芳ばしい香り。



最初はピートが強く感じられますが、鼻が慣れてくると、そのモルトの存在感をしっかりと掴むことができます。



口当たりは、若干のアルコールの刺激感を伴いつつも、かなりスムース。



度数は比較的高いのですが、それほど刺激は強くありません。



濃密で滑らか。



舌の上に絹を流されたかのようなファーストインプレッション。



舌の上で転がすと、一気に甘味が広がります。



まるで蜂蜜をなめているかのような、濃い甘さ。



それでいて、焦がしたような芳ばしい香り。



それは焦がし砂糖を口に含んだかのような、どことない大人の愉しさがあります。



そして飲み下すと、ふんわりと口の中を漂う甘い余韻。



そして、まるで胃の中でモルトを燻しているかのような芳ばしい香りが。



この余韻の素晴らしさは、特筆すべきものがあるでしょう。



なんとも心地よく酩酊に誘います。



1人静かな夜、穏やかな音楽と1冊の戯曲を楽しみながら。



そういった優雅なオフタイムに相応しい相棒ではないでしょうか。



【お酒データ】
名称:タリスカー10年
種別:スコッチ・ウイスキー(アイランズ)
原産地:スコットランド・スカイ島
蒸溜所:タリスカー蒸溜所
度数:45.8%
スポンサーサイト
プロフィール

ミチェリアス

Author:ミチェリアス
お酒が好きです。
何でも飲みます。
サークル強い気持ち。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。