FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タリスカー10年

talisker.jpg
久々の更新です。



長い長いラム漬けの日々を抜けて。



今回はスコッチウイスキーを。



言わずと知れたアイランズの名門、タリスカーのスタンダード10年です。



以前友人宅で飲ませてもらったのが印象的だったので、買ってみました。



スコッチは蒸溜所の場所によって分類されることがしばしば。



タリスカーを作るタリスカー蒸溜所は、スコットランド北部の島嶼部、スカイ島西岸のロッホ・ハーポートにあります。



そのため、アイランズウイスキーというわけです。



アイラ島のウイスキーだけはアイラウイスキーなんですが。



このアイランズという分類には6つの蒸溜所が含まれますが、それらの共通点は地理的なことだけ。



島嶼に蒸溜所がある、というそれだけです。



意外と、この辺の分類は雑ですね…。



ちなみに、スカイ島にある蒸溜所はタリスカー蒸溜所のみです。



さて、本題に入りましょう。



このタリスカー10年、液色は美しいアンバー。



滑らかさを感じさせるような、濃密で吸い込まれそうな琥珀色です。



香りは、まずスモーキーなピート臭が立ちます。



ピートと聞くと、どうしてもアイラのイメージが先行しますが、そこまでではありません。



しかし、確かにピートの存在感がまず前面に押し出されます。



その裏でモルトの甘く芳ばしい香り。



最初はピートが強く感じられますが、鼻が慣れてくると、そのモルトの存在感をしっかりと掴むことができます。



口当たりは、若干のアルコールの刺激感を伴いつつも、かなりスムース。



度数は比較的高いのですが、それほど刺激は強くありません。



濃密で滑らか。



舌の上に絹を流されたかのようなファーストインプレッション。



舌の上で転がすと、一気に甘味が広がります。



まるで蜂蜜をなめているかのような、濃い甘さ。



それでいて、焦がしたような芳ばしい香り。



それは焦がし砂糖を口に含んだかのような、どことない大人の愉しさがあります。



そして飲み下すと、ふんわりと口の中を漂う甘い余韻。



そして、まるで胃の中でモルトを燻しているかのような芳ばしい香りが。



この余韻の素晴らしさは、特筆すべきものがあるでしょう。



なんとも心地よく酩酊に誘います。



1人静かな夜、穏やかな音楽と1冊の戯曲を楽しみながら。



そういった優雅なオフタイムに相応しい相棒ではないでしょうか。



【お酒データ】
名称:タリスカー10年
種別:スコッチ・ウイスキー(アイランズ)
原産地:スコットランド・スカイ島
蒸溜所:タリスカー蒸溜所
度数:45.8%
スポンサーサイト

オールド・パー 12年

oldparr.jpg
お久しぶりです。



今回は我々日本人にとって伝説のスコッチウイスキー。



オールド・パーを買ってみました。




岩倉具視率いる遣欧使節団が持ち帰り、日本に初めて紹介されたスコッチウイスキーと言われていますね。




現在は、かの有名なブランド集団モエヘネシーディアジオが販売していますが、




製造はマクドナルドグリーンリースという蒸留所が担っています。




ジャンルとしてはブレンデッドウイスキーになりますね。




メインとなっているのはスペイサイドの蒸留所として有名なクラガンモア。




クラガンモアについては、以前、当ブログでも紹介したことがあります。




私も幼い頃から両親に「非常に高級なウイスキー」として教えられてきました。




今となっては昔よりも遥かに手頃に手に入るようになりましたね。




そういった意味では本当にありがたい限り。




オールド・パーという名称は、150年以上も生きたイギリスの農夫、トーマス・パーにちなんでいるとのこと。




あまりにも長寿であったため、公爵扱いで弔われ、ウエストミンスター寺院に歴代国王やシェイクスピアなどに並んで埋葬されたとか。



さて、液色はというと、美しく透き通った琥珀色。



香りが非常に立ちますね。



なんとも華やかなモルトの香りです。



香しい花のような、そして蜂蜜のような甘さを感じさせます。



とても優雅で華やかなトップノートです。



口当たりはなんとも滑らか。



まるで軟水を口に含んだかのようなまろやかさです。



口の中で転がすと、まったりと絡みつくようなモルトの甘さ。



そしてバニラのような印象を与えます。



飲み下してもアルコールの抵抗はほとんどありません。



そしてモルト、グレーンの香ばしい、そして華やかな香りが爆発します。



全体を通してなんとも華やかで上品。




この味わいが歴代の偉人たちを魅了してきたのでしょうか。




名前ばかり先走っているような印象こそありましたが、決してそんなことはないのでは。



全体的にいやらしさがなく、ひたすら優雅なお酒だと思います。



【お酒データ】
名称:オールド・パー 12年
種別:スコッチ・ウイスキー(ブレンデッド)
原産地:スコットランド
蒸溜所:マクドナルド・グリーンリース蒸留所
原材料:モルト、グレーン
度数:40%

マルスウイスキー 岩井トラディション

iwai.jpeg
連続更新です。



件の頂き物の焼酎をスルスルいってしまったもので。



今回はウイスキーです。



ずっと気になっていたのですが、やっと買うことが出来ました。



マルスウイスキーの岩井トラディションです。



ブレンディッドですね。



ジャパニーズ・ウイスキーの生みの親、竹鶴政孝さんをイギリスに送ったのが岩井喜一郎さんだそうで。



その岩井さんに敬意を評してこのネーミングになったそうです。




写真ではわかりにくいですが、この「岩井」の文字がメタリックグリーンでカッコイイです。



750㍉で1,800円ちょっととお手頃価格。



液色は美しいアンバーです。



開封してみると…、



芳醇なモルトの香り。



ローストナッツ、チョコレート様の香りでしょうか、なかなかです。



ファーストアタックはモルト、グレーンの豊かな甘味。



その陰にほんの微かな酸味がアクセントになっています。



舌の上で転がすと深い甘味が広がります。



ハッキリとしているものの優しい甘さですね。



飲み下すと芳醇なモルトの香りが鼻に抜けます。



そして心地良い甘味の余韻。



程よいピートのスモーキーな香りが漂います。



後味として弱冠の苦味があるでしょうか。



値段が安いので、どうなのかと思っている節はありましたが、



これは非常に美味しいと思います。



複雑な味わいが楽しめます。



また買うことになりそうですね…。



【お酒データ】
名称:岩井トラディション
種別:ジャパニーズ・ウイスキー
原産地:長野県上伊那郡宮田村
蒸溜所:信州マルス蒸溜所(本坊酒造株式会社)
原材料:モルト、グレーン
度数:40%

ジンビーム ノブクリーク シングルバレル

knobcreek_single.jpg
お久しぶりです。



今回はバーボンを買ったのでこちらを。



ノブクリーク・シングルバレルです。



ノブクリークはジンビーム社のスモールバッチブランドです。



ジンビームの原酒を9年間熟成させたものですね。



以前、アメリカに行った際にノブクリークを飲んでその美味しさに圧倒されたので、今度はシングルバレルを買ってみました。



液色は美しい濃い琥珀色です。



香りは深く甘いバーボンの香りですか。



どこかバニラを思わせるような印象があり、うっとりとさせてくれます。



口に含むとバーボン特有の甘みが広がります。



それに加え、独特のコクと丸みがあります。



これがノブクリークの魅力ではないでしょうか。



飲み下すと、120プルーフですので、さすがにアルコールの刺激が強いですが、甘い香りが返ってきます。



ノーマルのノブクリークよりもコクが深く、甘みが強いような印象がありますね。



もう一度ノーマルの方も飲んでみたいですね。



ジンビーム自体は安価で手に入るバーボンですが、ノブクリークは非常に丁寧な作りを感じさせるバーボンです。



バーボンは何種類か飲んでいますが、ノブクリークが最も好きですね。



【お酒データ】
名称:ノブクリーク・シングルバレル
種別:バーボン
原産国:アメリカ・ケンタッキー州・クレアモント
蒸溜所:ジンビーム・クレアモント蒸溜所
原材料:モルト、グレーン
度数:60度
プロフィール

ミチェリアス

Author:ミチェリアス
お酒が好きです。
何でも飲みます。
サークル強い気持ち。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。